うつ病の原因は?ある物質の低下? - 快適人生!体の悩みをスッキリ解決!

快適人生!体の悩みをスッキリ解決! ホーム » スポンサー広告 » うつ病 » うつ病の原因は?ある物質の低下?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病の原因は?ある物質の低下?

鬱病原因については、
まだ明確にわかっていないそうです。



鬱病原因は解明されていない部分も
多いため、世間にもあまり知れ渡っていません。


現在発表されている鬱病原因には、
「セロトニン」「ノルアドレナリン」があります。


セロトニンとノルアドレナリンは、
心に元気を与える物質だと言われています。



人間の体には、必要不可欠な
物質だと言えるでしょう。


しかし、何らかの原因で脳内のセルトニンと
ノルアドレナリンの量が低下すると、


心に元気を伝えられなくなり、
憂鬱な気分になるそうです。


そして、憂鬱な気分が続くと
鬱病」になります。


鬱病原因は、セルトニンと
ノルアドレナリンの量の低下だと言う事です。


ちなみに、ノルアドレナリンは、
神経を興奮させる物質です。


不安、恐怖、覚醒、集中力、記憶力、積極性、等の働きがあるそうです。


ノルアドレナリンが不足すると、
不安や恐怖を覚え、集中力がなくなり、
記憶力も低下します。


セルトニンは、気分を興奮させてくれます。


食欲や運動、睡眠、安心感等に関わっている物質です。


鬱病原因について、わかっていただけたでしょうか?


鬱病とセルトニン、そしてノルアドレナリンについては、
未だにわかっていない事が多いようです。


これから、セルトニンとノルアドレナリンについて、
もっと詳しいことがわかるといいですね。


おすすめ鬱病対策法

傷病手当金受給マニュアル
~うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法~






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。