赤ちゃんにも起こる難聴 - 快適人生!体の悩みをスッキリ解決!

快適人生!体の悩みをスッキリ解決! ホーム » スポンサー広告 » 耳鳴り » 赤ちゃんにも起こる難聴


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんにも起こる難聴

難聴とは、さまざまな理由で、
耳の聞こえがよくない状態です。



おじいちゃんやおばあちゃん、音楽家や歌手、
そして赤ちゃんにまで起こりえる身近な病気なのです。


どうやって赤ちゃんに起きるのでしょうか?


赤ちゃんに見られる難聴は、先天性のものです。


遺伝であったり、胎内感染、外耳道の奇形・閉鎖などが原因です。


赤ちゃん1000人のうち1人は難聴を患って産まれ、
そのうちの50%は遺伝性の難聴だそうです。


遺伝は仕方がないのですが、
妊娠中であれば妊婦さんの生活次第で
赤ちゃんに影響が出てしまいます。


また、出産時に脳が強く圧迫されてしまうと
影響を与えてしまうこともあります。


うちの子は大丈夫かしら?と慌てて病院に行く前に、
まずは簡単な難聴チェックをしましょう。


●生後1~2ヶ月頃まで
  ドアや窓が大きな音を立てて閉まるなどの大きな音にびくっと反応するか。

●生後半年過ぎ
  ガラガラやおもちゃを鳴らしたときに、音のする方向を向くか。

●1才過ぎ

  「こっちおいで」「それとって」といった、簡単な言葉を理解しているか。

●1~2才頃
  「まんま!」など、言葉を話し始めるかどうか。


赤ちゃんの言葉の発達だけでなく
、将来のためにも難聴の早期発見、早期治療が大切です。


少しでも気になる場合は
病院で診てもらうことをおすすめします。


ある程度の年齢までに言葉を学習しないと、
その後いくら練習しても言葉の習得は
難しいといわれています。


あなたの赤ちゃんは大丈夫でしょうか?


おすすめ難聴対策








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。