糖尿病の方は難聴を発症するリスクが通常の2倍に - 快適人生!体の悩みをスッキリ解決!

快適人生!体の悩みをスッキリ解決! ホーム » スポンサー広告 » 耳鳴り » 糖尿病の方は難聴を発症するリスクが通常の2倍に


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病の方は難聴を発症するリスクが通常の2倍に

糖尿病難聴なんて
全然関係の無いように思えますよね。



それが実はアメリカの糖尿病学会より、
糖尿病の患者さんは難聴になるリスクが
通常の2倍だという事が発表されたのです。


糖尿病の患者が発症してしまう難聴については、
通常の難聴が発症する原因とは異なるようです。



よって糖尿病の患者さんは、
過去に大きい音が継続するような環境や仕事場にいなくても
発症する可能性があるのです。


糖尿病合併症を引き起こしやすい病気として恐れられていますが、
どうやら難聴もその合併症のうちの一つだと考えられています。


特に、2型糖尿病は、症状があいまいで、早期発見が難しく、
糖尿病と診断されたときに難聴も同時に見つかるケースもあるそうです。


糖尿病の患者さんが難聴も発症してしまう原因としては、
血液中にブドウ糖が有り余り、それらが血管や神経に問題を生んでしまう
といった説が有力ですが、


今のところ原因までは解明できていないそうです。


しかし、糖尿病の患者さんが難聴を発症するリスクが通常の2倍
だということは、はっきりとデータに現れています。


糖尿病と診断されてしまったら、
聴覚も一度病院や耳鼻科で診断されることをおすすめします。


おすすめ糖尿病対策






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。