糖尿病とはどんな病気? - 快適人生!体の悩みをスッキリ解決!

快適人生!体の悩みをスッキリ解決! ホーム » スポンサー広告 » 糖尿病 » 糖尿病とはどんな病気?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病とはどんな病気?

「甘い食べ物やお菓子が大好きな人ほど糖尿病にかかりやすい」

これは実は真っ赤なウソなのです。



意外と知られていない糖尿病の知識ですが、
それを正しく理解することで、
健康的な生活管理に役立たせることができます。


糖尿病とは、インスリンというホルモンの作用が低下したため、
本来ブドウ糖を取り入れるはずの筋肉や脂肪細胞が、
そのブドウ糖をうまく取り入れることができなくなり、血液中のブドウ糖が多くなっている状態です。


あり余ってしまったブドウ糖は、
尿から体外へ流れ出ていきます。


これが糖尿病の病名の由来ですが、問題は糖が尿に含まれることではなく、
「体がうまく糖を取り入れることができない」ことです。


ただ、糖尿病で最も怖いのは合併症です。


3大合併症は、

糖尿病性神経障害、
糖尿病性網膜症、
糖尿病性腎症


と言われており、
それだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞にかかる可能性も数倍高くなります。


糖尿病の合併症を持つ患者の寿命は、
平均寿命よりも70%ほど低い歳にとどまっているそうです。


年間1万人以上もの人が、糖尿病による腎不全の為、
人工透析を始めているとの報告も。


また、1999年には、糖尿病が病因の第1位となりました。


年間3000人をも超える人が、糖尿病によって失明しており、
かなり以前から中途失明の原因の第一位なのです。



糖尿病は、あまり自分には関係ない
と思っている方が多いと思います。


私自身も今の今まで無関係だと思っており、
全く心配さえしていませんでしたが、
糖尿病は、誰にでも起こりえるとても怖い生活習慣病なのです。


一体何人の方が、糖尿病を本当に理解しているのでしょうか?



おすすめ糖尿病対策




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。