視力が低下すると変化する屈折率とは一体どんなもの? - 快適人生!体の悩みをスッキリ解決!

快適人生!体の悩みをスッキリ解決! ホーム » スポンサー広告 » 視力回復 » 視力が低下すると変化する屈折率とは一体どんなもの?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視力が低下すると変化する屈折率とは一体どんなもの?

視力が低下すると物が見えにくくなるので、
日常生活や運転するときに非常に問題になってきます。

眼鏡やコンタクトを購入する際や、
眼科に行ったときによく使われる「屈折率」という単語ですが、


これは一体どういったものなのでしょうか?


屈折率とは、その名の通り、
光が屈折される比率です。


お風呂に入っている時、
水の中の自分の腕や足が短く見えたりしませんか?


あれも水による光の屈折が
起こっているからなのです。


お風呂の場合は水が光を屈折していますが、
目の場合は、角膜と水晶体というレンズが
光を屈折させるのです。


視力が低下していない人の場合は、
屈折された光がちょうど網膜のところでピントが合う状態なのですが


近視の人の場合は、光が網膜の手前で
ピントが合ってしまうのです。


これは屈折率が強い、といわれる状態です。


近視、遠視、乱視はこの屈折率に異常があり、
起こるものなのです。


近視は屈折率が強い状態、
遠視は屈折率が弱い状態を指します。


乱視とは、角膜表面の形の異常により、
屈折率の強い場所と弱い場所がそれぞれ発生し


バランスがとれずに物が二重、三重に
見えてしまうことを言います。


眼鏡やコンタクトレンズは、
眼球の外部から屈折率を調節し、
視力の矯正を行いますが


レーシック治療では、
網膜のところで光のピントが合うように、


レーザーで角膜部分を削ることにより、
屈折率を整えて視力を矯正します。


眼鏡やコンタクトで視力は十分矯正できますが、
根本的な原因の屈折率を回復させる方法は
今のところ、レーシックなどの手術しかないそうです。


自分の大切な目ですので、
よく考えて矯正することが大切です。


おすすめ視力回復マニュアル







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。