高齢者に最も多い目の病気、白内障について - 快適人生!体の悩みをスッキリ解決!

快適人生!体の悩みをスッキリ解決! ホーム » スポンサー広告 » 視力回復 » 高齢者に最も多い目の病気、白内障について


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者に最も多い目の病気、白内障について

皆さん、目はよく見えるほうですか?


私の周りでは、私を含めほとんどの人が
子供の頃に比べ視力は落ち、




眼鏡かコンタクトレンズを使用しています。


視力が悪くてもあえて
裸眼のままでいる人もいますが


視力が良いから裸眼でいる人は
めったに見かけなくなってしまいました。


今ではパソコンがない会社はないくらい
モニター社会となり、目が酷使されているので


若い年齢の方でも、目の老化が進んでおり、
全国的に視力低下が心配されています。


視力は年齢とともに自然に衰えてきます。


高齢者の平均視力は、

60歳代で0.51、
70歳代で0.39、
80歳代で0.31、
90歳代で0.26…


というデータもあり、


高齢者の視力は矯正しないと
普通の生活さえ難しいほどにまで低下してしまうのです。


若いうちに視力が低下してしまっていると、
高齢者になったときの視力は…と考えると


ぞっとします。


高齢者によく見られる目の病気のうち、
最も多く発症されているものが白内障です。


白内障とは、目の中のレンズ(水晶体)が濁って、
視力が低下する病気です。


白内障を発症すると、物が霞んで見えたり、
ぼやけて二重、三重にもなって見えたりします。


少し黄色がかった、度が合っていない
レンズの眼鏡ごしに物を見るような感覚です。


高齢者の

60歳代で70%、
70歳代で90%、
80歳以上になるとほぼ100%の人に、

白内障による視力低下が認められたそうです。



老化は人生の中で避けて通れない道です。


この文章をちゃんと読めている今から
視力アップのトレーニングを始めることが、


一番賢い視力矯正かもしれません。



おすすめ視力回復マニュアル





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。