pms(月経前症候群)腰痛はなぜ起こる? - 快適人生!体の悩みをスッキリ解決!

快適人生!体の悩みをスッキリ解決! ホーム » スポンサー広告 » 腰痛 » pms(月経前症候群)腰痛はなぜ起こる?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pms(月経前症候群)腰痛はなぜ起こる?

生理前になると、何だかだるいし
そこら中が痛いという女性多いですよね。

そのような症状pms(月経前症候群)といいます。
150以上もの症状がある中の一つに、
腰痛があります。


pms腰痛は、どうやら卵巣ホルモンが原因
ではないかと言われています。


「リラキシン」というホルモンで、
分泌量が増えると関節をゆるめてしまうそうです。


pms時、リラキシンの分泌によって体の関節がゆるむことで
関節が痛いという人も多いですよね。


関節がゆるむと筋肉を支える力も弱くなります。


そうなるととても大きな負担がかかり
腰痛に繋がるのですね。


pms腰痛は、不明なことも多く
ピンポイントな治療というよりは、
探り探りになることも多いです。


まずはその時の痛みを緩和するための鎮痛剤やシップ。


ガードルで腰を支えることで痛みが和らぐ人もいます。


マッサージが効くという人もいれば、
骨盤を矯正して治ったという人もいますね。


腰痛だけでなくpms治療として、漢方で体質改善
ピルでホルモンの安定をはかることで
毎月の痛みがなくなったという人もいます。


何があなたに合うかは分かりませんが、
婦人科に一度相談してみてはいかがでしょうか。


おすすめの腰痛改善方法








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。