スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃がんの治療

2010/04/28 11:22:54 | | コメント:-件

胃がんの放射線治療は、
あまり有効とは考えられていません。




治療法としては、
抗がん剤の効果も薄く手術が一般的ですね。


ですが、胃がんにも放射線治療
行われることがあります。




例えば、手術ができない人には
抗がん剤免疫療法とともに放射線治療が行われます。



胃がん手術をした人も、
取りきれなかった進行がんや再発、転移したがんの
痛みを和らげるために行われます。



骨転移の場合には、痛みのほか
骨折しやすくなるため、骨折予防として有効です。



脳に転移した場合にも、
頭痛や嘔吐などさまざまな症状が現れるので、
症状を和らげるためにも行われます。




胃がんの放射線治療は、
主に痛みを和らげる目的
で使われることが多いですね。



また、抗がん剤の効果が期待できない
部位への転移治療に使われます。



胃がんの放射線治療は、
医師によって考え方が異なります。



噴門部や幽門部にできたがんには
高い効果が期待できると考えている医師もいます。



肝臓など他の臓器へのダメージに慎重な医師もいます。



不安も多いですがセカンドオピニオンを活用しながら、
納得いくまで相談しながら治療法を選んでみてはいかがですか。





おすすめ癌克服法







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。