スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パニック障害と呼吸法

2010/04/14 08:55:35 | パニック障害 | コメント:-件


パニック障害の治療には、呼吸法が欠かせません。



例え薬を貰っていたとしても、
呼吸法による治療を怠ってはいけないのです。



パニック障害の治療に慣れてしまうと、
呼吸法が疎かになりがちです。



「薬だけ飲んでいればいい」
「症状が出ていないから平気」
と思っていると、



治りかけていたパニック障害が、
発症する可能性があります。



パニック障害を本当に治療したければ、
呼吸法をしっかりと行いましょう。




では、どのような呼吸法をすれば、
パニック障害が治療出来るのでしょうか?



まずは、10秒間で呼吸をする、という方法。



この呼吸法は、非常に滑らかで、
浅い呼吸を意識する必要があります。



5秒吸って5秒吐く。4秒吸って6秒吐く。



このように、10秒で呼吸が終わるようにして下さい。



最低でも1日3回は行うようにし、
症状が出ない場合でも毎日10分以上続ける事。



そして、呼吸をする時に、
絶対に肩が上下しないようにする事。



どちらもなかなか大変ではありますが、
パニック障害を治療するためには、必要な呼吸法です。



もしかすると、これから先はもっと
やりやすい呼吸法が出てくるかもしれません。



それまでは、少し面倒だと感じても、頑張りましょう。




おすすめ「パニック障害克服法」






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。