パニック障害の原因とは! - 快適人生!体の悩みをスッキリ解決!

快適人生!体の悩みをスッキリ解決! ホーム » スポンサー広告 » パニック障害 » パニック障害の原因とは!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パニック障害の原因とは!


パニック障害の原因は、
医学的に説明する事が出来ます。



では、パニック障害の原因を
医学的に説明してみましょう。



生体が危険に晒されると、
警報を発信する物質があります。



ノルアドレナリンという物質なのですが、

このノルアドレナリン
「警報を発信する」システムに誤作動が出た場合
パニック障害が引き起こされると言われています。



誤作動が出るという事は、
実際は危険な状況ではないのに、
体が危険だと判断する。



この誤作動が原因となり、
パニック障害へと陥るのです。



ノルアドレナリンが誤作動を起こすのは、
大体が強いストレスや不安を抱えた時です。



強いストレスや不安に影響されると、
ノルアドレナリンが反応し、
体に"危険だ"という信号を発信するのです。



人間は危険に晒されると、
筋肉が緊張したり、
呼吸が早くなったりしますよね。



もちろん動機も早くなりますし、
体が震える事もあるでしょう。



つまり、

「強いストレスと不安のせいで、
危険に晒されていると、
ノルアドレナリンが勘違いしている」



という事になるのです。


パニック障害の原因は、以上です。



もしもパニック障害の原因、
「危険に晒された状況」が想像出来ないのであれば、



恐ろしい熊に襲われている自分を
想像してみて下さい。



なんとなくでも、イメージが
掴めるのではないでしょうか。





おすすめ「パニック障害克服法」






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。