月経前症候群と微熱の関係は? - 快適人生!体の悩みをスッキリ解決!

快適人生!体の悩みをスッキリ解決! ホーム » スポンサー広告 » 月経前症候群 » 月経前症候群と微熱の関係は?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月経前症候群と微熱の関係は?

月経前に辛くてだるくて熱を計ってみたら
微熱だった、または発熱していた。



驚きますよね。




月経前症候群の症状とも言えますが、
もしかしたら「高温期」であることも考えられます。



仮に月経前症候群であれば治療が必要ですが、
高温期であれば問題ありません。



ややこしいですが、
なぜ微熱が出ているのかが重要です。




まずは、基礎体温をしっかり
チェックしておきましょう。



月経の2週間前くらいの排卵後、
月経前症候群が起こる黄体期に入ります。



その時、体温は0.3度~0.4度上昇します。



例えば、平熱36.6度の人なら
37.0度の微熱になりますね。



この黄体期の期間を
「高温期」と言います。



月経がはじまると体温は下がり
「低温期」になります。




低温期と高温期の区別が
はっきりしている状態が正常で、



微熱が下がらないとか
低体温のままだと体調がすぐれません。



ホルモンバランスの崩れなどが考えられ、
月経前症候群の治療で改善が見込めます。



月経前症候群の治療と言っても
解熱するわけではなく、正常な状態へと導きます。



治療すると微熱があっても体調がいい状態を
実感していただけるのではないでしょうか。






おすすめ「月経前症候群」改善方法

体質改善の専門家の先生も推薦の「あなたを毎月悩ませるPMS(月経前症候群)の症状を自宅で改善するための方法!」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。