月経前症候群が起こる原因 - 快適人生!体の悩みをスッキリ解決!

快適人生!体の悩みをスッキリ解決! ホーム » スポンサー広告 » 月経前症候群 » 月経前症候群が起こる原因


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月経前症候群が起こる原因

月経前症候群が起こる原因ですが、
実はまだはっきりとは解明されていません。



ですが、いくつかの有力な説があります。



まず1つ目の原因は、黄体ホルモンの影響。





月経前症候群が黄体期に起こることからも、
その因果は否めません。



例えば、黄体ホルモンは
体に水分を貯める働きがあります。



そのため、下痢、むくみ、寒気、高血圧、貧血、冷え性、肥満など
考えられる症状はたくさんあります。



そして2つ目の原因β-エンドルフィンの影響。



月経前症候群が起こる時期に
急激に低下する物質です。



脳内の神経伝達物質で、痛みを感じさせなくする
働きがあり脳内麻薬ともいわれています。



モルヒネに比べて6.5倍の鎮痛作用がありますから、
減少すれば辛くなるのも頷けます。



鬱状態にもなりやすいと言われています。




そして3つ目の原因セロトニンの影響



こちらも神経伝達物質で、
月経前症候群が起こる時期に低下する物質です。



主に小腸の粘膜にあり、
腸などの筋肉や消化管の運動に関わっています。



2%は中枢神経系にあって、
神経活動に大きく関わっています。



近年、うつ病や神経症などで
注目されている物質
ですね。



月経前症候群の原因で
最も有力な説と言われています。



興味があれば、論文などを
読んでみてはいかがですか。



おすすめ「月経前症候群」改善方法

体質改善の専門家の先生も推薦の「あなたを毎月悩ませるPMS(月経前症候群)の症状を自宅で改善するための方法!」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。