男性不妊が原因で人工授精を行った成功率について - 快適人生!体の悩みをスッキリ解決!

快適人生!体の悩みをスッキリ解決! ホーム » スポンサー広告 » 不妊症 » 男性不妊が原因で人工授精を行った成功率について


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性不妊が原因で人工授精を行った成功率について

不妊症の原因は、女性のみならず男性の精液に含まれる精子の数や、運動率、勃起障害等も半数以上に登ると言われています。

そして、男性不妊が原因の場合には人工授精と言う方法を行い、精子を卵子に着床させる方法があります。

この方法は不妊治療の初期段階で行われるタイミング法の次の段階で、不妊治療において症例も多く、高度不妊治療の中でも良く知られている方法になります。



そこで気になるのが、男性不妊において、人工授精の成功率はどのくらいなのかと言うことです。

やはり、実際に人工受精をされた方の中で成功率が高いのは、女性不妊で人工授精を受けられた場合が圧倒的に多いのです。

その理由として、男性不妊の場合には、乏精子症や精子無力症等、根本的な治療が難しい、精子の数や運動率の問題が関わって来ますので、何度挑戦されても妊娠に至らなかったと言うケースも珍しくないのです。

現在、男性不妊で人工授精される方の成功率は、約10%~20%と言われており、女性不妊より低くなってしまうのが現状かもしれません。



人工授精を繰り返せば、当然女性の体に負担がかかりますし、それに伴う費用やメンタル的な問題も大きくなってきます。

ですから、挑戦される方は年齢的な問題も含め、3回~5回程トライされて結果がでなければ、夫婦で話し合った上、人工授精による不妊治療を諦めてしまうと言う方が多くいらっしゃいます。

しかし、医師と相談して治療方法を模索しながら、人工受精から体外受精へと、より高度な治療方法へ切り替える事で、運が良ければ不妊治療に成功される例も実際にあります。



男性不妊の場合、人工授精の成功率が低いからと言って、直ぐに諦めない事も大切です。

人工授精で失敗して不妊治療を休止している間にも、自分でできる方法としては、食事療法や漢方、滋養強壮に良いサプリメントを利用して体質改善を行う等、精子の運動率と精子の数が少しでも上がる様に努力する事も男性不妊治療の1つの方法として考えておきましょう。

実際に、人工授精をお休みしている間に自然妊娠される方も多く、体質改善は常に不妊治療と同時進行で実践される事が、成功に繋がって行くのかもしれません。



男性不妊の人工授精には、少しでも元気な精子を提供する事が成功への近道になりますので、ストレスを溜めない生活を心がけ、生活習慣の見直しや食生活の改善を積極的に行ってみる事をお勧めします。

元気な精子を作り出す為、元気の底上げを行う事で、人工授精のみならず普段から自然妊娠も可能な体作りにパートナーと努めていきましょう。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。